米肌の対比口コミ

コーセーの「米肌」を調べてみると、”ライスパワーNo.11”である米の発酵エネルギーできれいな肌に導き出しくれるという注目の種類ではないでしょうか。
それに比べ米肌には、乾燥やくすみに良いという「肌潤」と、シミ・そばかすに効くという「澄肌」というラインアップがあり、どちらのケアにも興味のある私としては、購入を迷っていました。
だけども公式サイトをよく調査していると、いずれもトライアル用のお試しパックが存在しているといったことが判明!
そこで、肌潤の「潤い体感セット」と澄肌の「澄肌美白お試しセット」の両方をほんとテストして、利用し感触や効き目を比べてみる事態にしたらしいです!

[セット内容]
●肌潤石鹸(15g)
●肌潤化粧水(30ml)
●肌潤改善エッセンス(12ml)
●肌潤クリーム(10g)
●肌潤化粧水マスク(1枚)[非売品]
米肌 潤い体感セット
1,500円(税込)&送料無料

米肌の潤い体感セットを詳しく見るVS米肌 澄肌美白お試しセット

[セット内容]
●肌潤石鹸(15g)
●澄肌美白化粧水(30ml)
●澄肌美白エッセンス(12ml)
●肌潤ジェルクリーム(10g)
●澄肌CCクリーム(各色4回分)
米肌 澄肌美白お試しセット
1,500円(税込)&送料無料

米肌の口コミ

米肌
米肌をほんと使わせていただいてみた

①米肌の洗顔石鹸の比較
②米肌の化粧水の比較
③米肌の美容液の比較
④米肌のクリームの比較

ライスパワーとは?米肌の成分を比較

米肌を用いた感じたこと

楽天で手にすることができる?安く買い付けするには?
米肌はこんな感じのヒトにナイス
米肌の潤いメンテと美白メンテを本当に利用した方の口コミをひとつずつ確かめてみた。

肌の内から水分が多くなってる様子

米肌のレビュー
★★★★☆
ハイクラス製造元のトライアル後ということでか、化粧水をつけた後のふっくら感が何1つない!笑
丸ごとつけ終了の後にヌルヌル感が見えないのは良い印象だけど、カサカサしそうだなあと感じつつも維持し続けた2週間。
頻繁にお風呂ゴールは、すぐ肌が水気が無くなるから苛立ちながら化粧水をぬり込むのに、こちらへした後で水分が継続している事に聞いたのです。
朝もベタつきゼロ!日中もお昼にはガツガツだったのに、なによりなくなって目からうろこ。
化粧水をつけた後は、物ない感じが存在するのですよが、肌の内から潤ってる感じがございます。匂いもありませんし、やけに気に侵入しました^^

毛穴が元気を取り戻してきたのかも

次の日の朝の素肌がふっくらしてる
美白ケアの口コミ
良い口コミ

茶色かったシミが桜色に

★★★☆☆
傷跡が汚いものになった部分に事を見越して入手しました。
用いていくと、茶色かったシミが桜色になってきたらしいです。
トライアルセットを先日使い済みましたが、シミはピンク色状態でなので、傷跡が滅亡する用の塗り薬を塗りたいではありますが、シミの色を薄くするといった点では効果があったように受けたので唖然としました。

ツヤと透き通るような感じが生じた

くすみ一掃&お肌柔らかい

米肌を実際に使ってみました

米肌の口コミレビュー

さっそく、米肌のライスパワーを思えるべく、「潤い体感セット」と「澄肌美白お試しセット」をオーダーしてみました。2つ共注文から4日程で送られて来ました。

★米肌のトライアルセット中身
米肌のトライアル
こっちが米肌の【潤い体感セット】と【澄肌美白お試しセット】の全容です。

[セット内容]
①洗顔石鹸
(潤いセット:肌潤石鹸、美白セット:肌潤石鹸)
②化粧水
(潤いセット:肌潤化粧水、美白セット:澄肌美白化粧水)米肌のreview
③美容液
(潤いセット:肌潤改善エッセンス、美白セット:澄肌美白エッセンス)
④クリーム
(潤いセット:肌潤クリーム、美白セット:肌潤ジェルクリーム)

上記の4点が根源的なセット目的であり、あとは時期によってプレゼントが付きものののですって。最近で言うなら、潤いセットには「肌潤化粧水マスク(1枚)」、美白セットには「澄肌CCクリーム(各色4回分)」がもらえます。
こういった類のセット内容の14日分の米肌がどっちも1,500円(税込)&送料無料で試すことが出来たと感じます。
各々のユーザビリティのみならず効果について、比較レビューして行きます。

【体験者】
・30代女性
・混合肌(Tゾーンはテカテカしやすく、目のあたりや口元はパサパサすることが多い)
・左頬のシミが気に掛かる
※参照までにモニターの私のデータをのっけています。

①米肌の洗顔石鹸

米肌の洗顔石鹸からスタートです。
泡立ちが良好なと専ら高評価の米肌の洗顔料それに対し、この事象は【潤い体感セット】も【澄肌美白お試しセット】も同じ道具が入っておりました。
商品名 肌潤石鹸
価格 3,500円(税抜)

1.手の内と顔をぬらを済ませた上で、左右両方の手のひらでたっぷりと泡立ております。
2.泡をバッファにしながら、手の内全体で軽くらせんを描くようにやんわり汚れを落とし、十分に綺麗にしてます。
3.使った後は、泡とモイスチャーをよく切って取り置きしましょう。

米肌の肌潤石鹸の泡立ての必勝法

モチモチ強烈な泡がつくれるという米肌の肌潤石鹸ですが、口コミといえば、「泡立てがスムーズにいかない」という口コミもちらほら目にしました。
どうも濃密泡を付くるためには、泡立ての秘訣があるらしくて、リアルで私がその手段で泡出られると簡単に濃密泡をつくることが完成しました。という意味で、秘訣をおすすめしますね。

米肌の肌潤石鹸の泡立てのカギ

米肌
濃厚泡をつくるキーポイントは、”モイスチャー量”です。

泡がデカくなるまで水を僅かずつ足していくのが注視すべき点なんだとか。
水を足し続けながら石鹸をこすりつけると、泡立てネットなしでもこれくらいの大量の泡が出来たと思います。いっぱいの泡をつくる攻略法と考えられるのは、大きくエアーを含むようにこするのが必要不可欠です。

泡が手のひら上限になったら、もう水は足さずに、泡をキッチリとこすり継続します。
すると最後には、トロットロで繊細な濃密泡ができばえました。
泡立てのコツをまばたきせず制すと、泡立てネット不要でも十分に濃密泡が貯められます。実際、石鹸の泡立ちが良くつなげられないケースだと、泡立てネットを利用するつもりでいたそうですが、今回は出番いらずでした。

この豊富な泡がとてもいい感じで、不要の皮脂をバッチリ落としものの、激突ダメージを与えない洗顔がもたらされるので、米肌の洗顔石鹸はあたし的には高不可欠でした。

②米肌の化粧水

化粧水だけでは、【潤い体感セット】【澄肌美白お試しセット】銘々別の販売品がバリエーション作られていますので、この地でしっかり対比させて行こうじゃありませんか。
潤いセット 美白セット
肌潤化粧水 澄肌美白化粧水化粧水
価格 5,000円(税抜) 5,500円(税抜)
分類 化粧品 医薬部外品
有効成分 ? ビタミンC誘導体

米肌の化粧水を検証
米肌の化粧水の付け心地ー
化粧品にお世話になる際に気にかかるのが、「手触りー」「におい」「ユーザビリティ」などではありませんでしょうか。そういうわけで、米肌の潤いセットと美白セットにあたって、この3点を比べていくつもりです。

<触り心地ー>
潤:透明でさらさらけれども、少しとろみあり
美白:乳白色でさらさら
<におい>
潤:消え入りそうな蒸留酒臭
美白:今にも消えそうな酒類臭
<使い勝手>
潤:保湿パワフルさがちょっとある
美白:サラリとしている一体化させ心地
潤=潤いセット、美白=美白セット
潤いセットの方は、さすがに潤い体感に過ぎないものあって、とろみが備わっている質感ーでモイスチュア力も美白全セットのものより高値で思ったのです。
においは、おそらく気になれないくらいでしたが、計画的に興味があると、消え入りそうなアルコール臭を感じていました。
ユーザビリティとしては、化粧水を生き生きとした取り扱い方は潤いセット、まったく使いたい方は美白セットが眺めてと聞いています。

③米肌の美容液

米肌の美容液
さてさては、米肌の美容液となるのです。
米肌シリーズの各人のコースだとしても、特に美容効果に目算がもてるのが美容液ということです。そのエビデンスに、潤いセットの美容液も、美白セットの美容液もどちらにしたって医薬部外品であると断言できます。

潤いセット 美白セット
商品名 肌潤改善エッセンス 澄肌美白エッセンス
価格 7,000円(税抜) 8,000円(税抜)
分類 医薬部外品 医薬部外品
有効成分 ライスパワーNo.11(米エキスNo.11) ビタミンC誘導体
医薬部外品とは
化粧品は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)次第で「化粧品」と「薬用化粧品(医薬部外品)」にカテゴリー分けされますが、その中でも”ボディについての作用が沈静なもの”が化粧品です。比較して、薬用化粧品は、化粧品の意欲効果は言うまでもなく、美白やニキビ防止などの効き目が見られる有効成分がブレンドされ、化粧品と医薬品の中道的な「医薬部外品」に認識されてるのです。
大きな相違点は、医薬部外品には”許可された有効成分が指定量含有されている”といったところです。
米肌の美容液を検討
米肌の美容液の手触りー

<質感ー>
潤:乳ホワイトで水分量の多いなだらかな手触りー
美白:白くて水分量の多い手触りー
<におい>
潤:発酵臭くらいの少しツンときてしまうにおい
美白:ちょっとも認められない
<体験談>
潤:塗り拡張すると水みたいになって肌なじみが理想的な
美白:プラスがかわいらしく、肌になじむ
潤=潤いフルセット、美白=美白フルセット
美容液は、いずれも肌なじみが良く思わざるをえませんでしたが、あえて選ぶとすれば、潤いセットの方が手触りーがゆるい分だけ、肌の上でスーッと感じられていくような感覚を探し出すことができた。うるおい力がおっきいと感じ取ったのも、潤いセットを活用してす。
美容液は、使った感じうんぬん以上に美容実効性のあるものなので、どんなふうな効果を期待するかによって選ぶ方が素晴らしいそうです。ランクインしている成分や美容効果に対しましては、後の通知で詳しくご紹介していくというわけです。

④米肌のクリーム

さいごは、米肌のクリームではないでしょうか。
この度、比較検討した中では、用い心地などの食い違いを一番実感したのがクリームとなっていました。米肌のクリーム
潤いセット 美白セット
商品名 肌潤クリーム 肌潤ジェルクリーム
価格 5,000円(税抜) 5,000円(税抜)
米肌のクリームを検討
米肌のクリームの手触りー

<手触りー>
潤:メジャーなクリーム種類
美白:クリームと位置付けては急ではないぷるんぷるんと名付けた手今どきの触りー
<におい>
潤:十中八九自覚できない
美白:ほとんどのケース自覚できない
<使いやすさ>
潤:肌がくるまれているタッチが見られる
美白:アップがよく、うるおう感じが見られる
潤=潤いセット、美白=美白セット
クリームは、まず感触ーが全然異なっています。水気セットの方は、こっくりとした手触りーで其れは其れはクリーム!といった調子でニベアなどが捉え方に酷似しています。いずれかの美白セットは商標名にも”ジェルクリーム”とあるように、うるおい感量多めでプルンプルンのクリームでした。
触り心地ーが違うので、使った後の肌も関係のないことに行きます。モイスチャー対策セットは、モイスチュア力のと比べても、それどころか肌がキープされているようなように変わりました。美白指標の方は、ジェルほどの使い心地でありまして、お肌がプルプルになるという心地を探し出すことができた。
ドライを不安視している冬は潤いセットのクリームが、ネチョネチョしなくない暑い季節には美白セットのクリームが成果が期待できるかも知れませんね。

ライスパワーとは?米肌の成分を比較

ライスパワーとは?

米肌のスキンケア

米肌の有効成分ライスパワー
「ライスパワーNo.11」とは、医薬部外品の効能として「水分保持能を改善できる」と認められた唯一の有効成分です。
つまり、オリジナルのモイスチュア対策成分とも挙げられるセラミドを生じさせる力を含有しているというわけ。セラミドは、元々肌が進行している成分ですが、老齢化のは勿論のこと減少するおかげで、肌のキメが異常をきたし、毛穴や小ジワ、シミと言われている肌気掛かりが適うことになります。

ライスパワーNo.11のスキンケア効果
肌のモイスチャー量を繁殖させる
肌違う案件を阻む
成熟した角層細胞を生み出す
やわらかさを増加させる
素肌のキメをスムーズにする
乾燥に影響を受ける小ジワが不明瞭になる
セラミドがモイスチャーを抱えてモイスチャーで満たされた肌は、キメが良くなって透き通るような感じがもたらされ、毛穴も人目にとまりません。
美白ケアの有効成分

ビタミン
一方、米肌の美白パッケージには、また別の良好成分が調合されています。本当に、美白能率的成分の「ビタミンC誘導体」と、肌ダメージに効果が現れる「ビタミンE誘導体」です。
ビタミンC誘導体
美白ケアには必要不可欠だと言っても言い過ぎではないのがビタミンC誘導体です。美白成分間においてはそのキャリアも強く、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎ、雲がいっぱいがない肌へと抜粋しくれます。

ビタミンE誘導体
薬用成分であるビタミンE誘導体は、肌ダメージを防止して澄みきった活き活きとした肌へきれいにしくれます。
米肌を使った感想
米肌を利用した人生経験を元に、その効き目を調査してみたのです。
肌の水分量・油分量・弾力を調査できる”お肌チェッカー”を用いて肌の状態をウォッチしていこうと思います。

米肌の美白ケア

米肌のスキンケア

やはり、シミを気にしている一個人としては、米肌の「澄肌美白」が気掛かりになり、こっちの考えを使用してみました。
米肌(美白ケア)1日目
米肌の澄肌美白レビュー1日目
米肌の美白セット行使1日目の肌をお肌チェッカーで観測した結論がこのようになりました。

ピカピカにして後の肌ランク
弾力:めちゃくちゃ良くない(5段階中の最下)
水分量:10%
油分量:30%
ボディケア後の肌条件
弾力感:大丈夫な(5段階中の2つ目)
水分量:10%
油容積:60%
何はともあれ体のお手入れ後は、水分量・油分量のプロポーションがひと回りアップしますね。数値においては巻返しより高くすが、そしてしてもキレイにし後の肌の弾力が”相当悪い”というのが興味津々です。

洗顔後の肌クラス
柔らかさ:普通(5段階中のセンター)
モイスチャー量:10%
油分量:60%
ボディケア後の肌実態
引き締まった感じ:いい(5段階中のふたつ目)
しっとり感量:30%
油分量:10%
1日目と14日目の素肌状態を比べて、次にあげる通りになります。

データとしてはこれっぽっちも表れていませんが、使い易さとしては私には美白セットの方がちょうどいいと感じました。潤いセットは、保湿が強烈すぎて冬の使用であったそれなのに、ごくごく僅か重くイメージしてしまうほどでした。個人的な意見を述べるならば、美白セットできちんと保湿が勃発するし、そのうえビタミンC誘導体などのシミに効果的である良好成分まで加わっているので、うるおいが発生するシミ対策として美白セットが特にお奨めできると思わざるをえませんでした。
米肌はこんな人にイチ押し
米肌の口コミコメント最終結論
米肌の「潤い体感セット」と「澄肌美白お試しセット」を世の中にて利用し比べてみたその結果、前者は特に保湿が足りない状況による肌悩み(毛穴・小ジワ・くすみ)へ関してのコンタクトが強く、後者は念入りに美白を手を打つものだかということが新たな形で了解です。
こちらのことにより、この2つの系統のものは、特に次の様な方にふさわしいプロダクトってところです。

★モイスチャーセットはあのような方にバックアップ★
ジェネレーションと並行して毛孔や小ジワが心配になり出した
カサカサなってはならないのでの高保湿お手入れがさせたい
カサカサ乾燥肌やセンシティブ肌の方

★美白セットアップはこんな方に於いてはオススメだね★
小ジワ以上にシミ・そばかすが心配でたまらない
美白ケアと保湿ケアをそれなりの数掛け持ちさせてみたい
脂性肌や結びあわせ肌のお客さん

米肌の値段が一番安いところを紹介しているサイトはこちらです

米肌 値段が安いのは?